消費者ローンを上手に活用
> 派遣でも借りられる消費者金融とは

派遣でも借りられる消費者金融とは

融資を受ける場合、返済能力と言う審査を行います。
返済能力は、融資額に対して支払いが可能であるかどうかを
審査するもので、主に収入額などを見て審査を行う事になるのです。

サラリーマンなどの場合は、正社員雇用が行われていますので、
月々の収入も比較的一定となります。
しかし、アルバイト、パート、そして派遣社員などの場合は、
サラリーマンと比べると、月々の収入は不安定要素をもっています。

特に派遣社員の場合は、一定期間の雇用が行われ、
契約期間が過ぎる事で派遣終了となりますので、
そこで収入が途絶える可能性が高いのです。
そのため、派遣社員などの場合は、返済能力が低いと見なされ、
融資を受けられないケースがあります。なぜなのか?
消費者金融とは?がいうようになぜかを考えればわかることです。
返済の可能性が低くなればなるほど消費者金融は不利になります。
あくまでも可能性でいえば借りられないケースがあるということは知っておくべき
ことと言えるでしょう。
派遣社員ランク付け違法認定など派遣に関しては色々と問題がありますから
派遣だからダメと断り文句を入れることはほぼありません。

しかしながら、消費者金融や銀行の中には、
派遣でも借りられるキャッシング商品を用意しています。
特に消費者金融の多くは、派遣の人でもキャッシングを
可能にしている商品を数多く用意しているのが特徴でもあるのです。

因みに、専業主婦と言うのは収入がゼロですので、
審査を行う前にキャッシングを利用する事が出来ないわけですが、
専業主婦でも配偶者の収入を審査対象としており、
一定額以内であればキャッシングを利用する事が出来る
商品を持つ消費者金融が多くあります。

派遣社員が消費者金融で借りる場合

派遣社員の場合は、配偶者の収入が審査の対象になるのではなく、
あくまでもキャッシングを利用する人の収入により審査が行われる事になります。
また、派遣でも借りられるキャッシングの多くは、
利用限度額が50万円までのように、通常よりも低くなっているのが特徴です。

因みに、消費者金融の金利と言うものは、
賃金業法が改正された後は、利息制限法の上限金利を超える金利での
貸付を行う事は出来ません。
そのため、消費者金融で金利と言うものは、
以前の消費者金融の金利と比べると低くなっているのが特徴です。

但し、利用限度額に応じて金利が決められる事になりますので、
50万円と言う金額を消費者金融で借りる場合などでは、
利息制限法の上限金利に近い金利が必要となるのが特徴です。